La Maison de Ane ろばの家


ハーブ、アロマ、おいしい暮らし
by kumaroba

カテゴリ:おでかけ( 79 )

やっぱ信州はりんごや。

蕎麦の悪口の続き。

じゃなくて、信州旅行の続き。

世界一不味い蕎麦食べて終わり、じゃあんまりだもん。


りんご、買いまくってやったわ。

実は去年も来て、大いに買って大いに満足したのが

安藤りんご農園さん。
d0234469_2135447.jpg


d0234469_2136298.jpg


なにせ店(っていうか、まあ小屋?)の後ろはりんご園。

何種類もの木が鈴なりで、より新鮮なのがいい人はハサミ借りて自分で採るの。

よりどりみどりの伊藤みどりってやつね。

で、店のおっちゃん(安藤さんと思われる)がええ人で、試食は思いっきりさせてくれるし

おまけはしまくってくれるし、とにかく感じいいの。

で、まあ一番はなんといっても新鮮でお安いの。



大量試食の末、ろばみちゃんが気に言ったのは秋映って品種。

ご主人様は信濃スイート

りんごって、お名前もイカスわよね。


ってことで、蕎麦以外の信州は楽しかったの。


実は信州の思い出として不味い蕎麦のことしか書かなくって

ろばみちゃん、家族からひどいブーイング受けたの。

くすん。


これで名誉挽回できるかしら?

[PR]
by kumaroba | 2014-10-21 19:04 | おでかけ

ろば、湯豆腐デビューする。

京都に住んで早一年余。

京と言えば湯豆腐。

湯豆腐と言えば京。

の筈がまだ、湯豆腐を食していなかったろばみちゃん。

だってん。

湯豆腐ってお高くって量がちょっぴし

ってイメージで、高いお金払ってお腹いっぱいにならんかったら暴れちゃうね

っていう雅とは縁遠いケダモノには敷居の高い食べ物だったの。


が。

バリ島で七転八倒の苦しみを味わったろばみちゃん。

エクソシストばりに苦しんだおかげ(?)で、ちょっとした御褒美的なことが。

それは胃袋がちょっぴし縮んで普通の人並みになったこと。

これはチャ~ンス

ってことで湯豆腐デビューに踏み切ったわ。


南禅寺の参道は右も左も湯豆腐のお店だらけ。

そのうちの一軒に適当に飛び込んでみたの。

d0234469_15392031.jpg



いくらちょっぴし胃袋がちっこくなったからって、湯豆腐だけじゃ絶対足りゃしないわ

とドキドキしてたんだけど

湯豆腐以外にも天麩羅とか胡麻豆腐とか生湯葉とか、美味しそうなものがいっぱいついてて

ろばみちゃんほっと一安心。

さすがに雅の都。

見た目も美しくってお味も上出来ね。

d0234469_15393777.jpg


そしていよいよ主役の湯豆腐に箸が伸びるわよ。

生姜、おネギ、海苔などの薬味をたっぷりかけて、いざ頂きまっす。


さすが京の湯豆腐!

と、ご主人さまもろばみちゃんも唸ったわ。

お豆腐、すっごく美味しいじゃない。

お豆のお味がするじゃない?


だけど

と、そこで慎重なご主人様はおしゃった。

本当にすっごく美味しいのかな?

と。

京都の湯豆腐だから、とか、
結構なお代を払ってるから
そういう邪念やら先入観にとらわれてはいないだろうか?

と。


あり得るわね。

と、ろばみちゃんは思ったわ。

なにせ二人ともまあまあのケチンボだし、お品書のお代を見た時には

心の中でちょっとだけ舌打ちしちゃったしさ。


だもんで、もう一度無私の心で湯豆腐に向かい合ったわ。

一口。

もう一口。


どうかな?

と問いかけるご主人様に

美味しいけど

と、ろばみは答えたわ。

確かに美味しいけど。

これがすっごくおいしくってさすが京の湯豆腐よね

くらいにおいしいのか

まあまあ普通の湯豆腐なんだけどやっぱり雰囲気やらお高いからやら何やらで美味しく感じるのかは

最早ろばみちゃんには分かんない

って。

う~む、と深く頷いたご主人様。

確かに

と。


ま、お店のお庭はキレイだし、なにせ京都の湯豆腐だし。

きっとすっごくおいしいのよ。

そうよ、そうに決まってるわ。

ってことで話をしめたご主人様とろばみちゃん。


湯豆腐デビューはこんな感じで幕を閉じたの。

で、今日、学んだことがひとっつ。

お食事はごちゃごちゃ考えないで楽しめ

ホント、これ大切ね。

ケチンボって、ついつい色んなこと考えちゃって。


宝くじで一億ほど当たったら、色んなことがもっと素直に感じられのかしらん?

お金じゃないって?

そりゃそうよね。

きっと根性の問題よね。

分かってんのよね。

ウスウスだけどさ。


[PR]
by kumaroba | 2014-10-19 16:18 | おでかけ

衝撃的な蕎麦

連休に家族で信州行ったの。

d0234469_19221679.jpg


馬篭宿ね。

木曽路は全て山の中である

の島崎藤村先生のお言葉通り、そりゃあもう結構な坂道

歩くのもなかなか骨が折れたわね


でまあ、お昼時やったんでその辺の蕎麦屋に入ったの。

信州やし、蕎麦なら間違いないやろうってことでさ。

d0234469_19244794.jpg


お団子みたいなのは五平もちね。

お写真はなかなかイカスじゃない?





これが

衝撃的に不味かった


信州行ったっていう出だしでいきなりかい?

ってカンジやけど

もうそれはそれは、他のことが全て吹っ飛ぶくらいに不味かったの

多分人生で一番不味い蕎麦


そもそもね、5人分のオーダーが全て1分以内にスチャっとそろった訳よ。

ザルとか鴨蕎麦とかなんとか色々あるのにさ。

そんでまあ、お写真でもちょっと分かると思うけど、表面がカッピカピに乾いてんの。

口に入れるとカっピカピのバっサバサのも~何とも形容しがたい舌触りで、蕎麦の香なんて全くしない。

茹でてから日向に3時間ばかし晒しましたねアナタ?

という具合。

3時間はさらしてないやろうけど、茹でてしばらく放置してあったのは間違いないわね


あまりの衝撃のお味に、家族一同一口食べた瞬間に息が止まったわ。

箸を置いたママリーヌは能面みたいなお顔で

こんなのにたった1円でも払いたくないわ

とボソっと呟いた後

一切食べるのを放棄したわね


信州なのにね

と家族一同ぼそぼそ呟きながらんぐんぐ苦しみつつ一すべ二すべ無理矢理すするんだけど

なんでどうして?

という疑問と混乱で頭の中がぐるぐる渦巻き

どうしてもそれ以上進めない。


とうとうパパリーヌがお店の人に

コレはどんな蕎麦かな?

と質問した。

十割とか、二八とか、あるでしょ?と。


店の女将らしいおばさんがににこやかに答えたところにゃあ

あ、うちは乾麺なんで。

十割も二八もありませんよ

ときた。


なんかね。

ある意味ほっとしたわね。

あれで手打ちです、とか言われちゃったらもっと混乱してどうしていいか分からなかったもん。


パパリーヌが言ったの。

美味しい蕎麦はいくらでもあるし

そのうち忘れる。

けどここまで衝撃的に不味いと、ここの蕎麦のことをこの先忘れることは無かろうて

ってね。


それが証拠に、この旅一番の思い出はこの蕎麦よ

だって二泊三日の間、ずっと何回も思い出しちゃあ、みんなでどれだけ不味かったか語り合ったもの。


ってことで。

旅のアレコレはまだまだあるんだけど

とにかく何をおいても馬篭の蕎麦ってことで。


どこのお店だかは敢えて教えてあげないわ。

不運にも入ってしまった人には

あ、ここだ

って絶対分かるから。

これから馬篭に行く予定ある人、ロシアンルーレットの楽しみもできちゃったわね

うふふふふ。


続く

かもな。

[PR]
by kumaroba | 2014-10-14 19:23 | おでかけ

実は九州にも行っててん

この連休は車をバビューンと飛ばして九州やん

第二の故郷

懐かしいでっ

d0234469_19204857.jpg


誰?
分からんわな

鵜飼いやねん

d0234469_1923228.jpg


何?

ってコレは名物中津唐揚げの店やん

大分は○ンタッキー○らいど○キンが撤退するほど中津唐揚げの店が幅きかせてて

至る所にこのような唐揚げ屋があるの

ハッキリ言うけど

○ンタッキー○ライド○キンより美味いだから行けば必ず大量に購入

d0234469_19255774.jpg


下関と言えばコレやん

え、夏にフグ?

って思うそこのアナタ

夏のフグはちっさいだけで味は一緒やねん

一年中美味いってことや

d0234469_19271554.jpg


ホテルの部屋からドドーンと見えたね

夜の関門橋、なかなか素敵


ってことで

特急列車はとりあえずここで停車

扱いがどんどん雑になってく?

き~こ~え~な~い~

[PR]
by kumaroba | 2014-09-17 19:31 | おでかけ

伊吹山やん

続いていくでっ

d0234469_1903421.jpg


伊吹山やん
d0234469_1911074.jpg


ホンマに出るで
d0234469_1914592.jpg


深田久弥センセイがあまりに情けない出来とおっしゃった像

よー見たら、もののけ姫のシシガミさまに似てるで

d0234469_19132447.jpg
d0234469_1914329.jpg
d0234469_19135571.jpg


伊吹山は花の山
いっぱい咲いてたやん


ってことで、

2発目はこのくらいで許しといたろ

やっつけ仕事?

やかましいっ

[PR]
by kumaroba | 2014-09-17 19:07 | おでかけ

まずは信州っ。

ま、いつものことやけど。

長いこと放置しゃちゃった。

あははは。

その間のあんなことやこんなこと。

ぶっとばしてアップするでいっ。

ってことで、まずは信州

d0234469_18355980.jpg


上高地やん
d0234469_18364069.jpg


いかにも信州ってカンジやん

d0234469_18371685.jpg


名物のソフトクリームやん
d0234469_1838894.jpg


涸沢カールの朝焼けやん
d0234469_18385979.jpg


至福の一杯やん

d0234469_18415958.jpg


花やん
d0234469_18424167.jpg


ギンリョウソウやんキノコと花の中間みたいなやつやん
d0234469_18434636.jpg


粘菌やん

南方熊楠発見やん


d0234469_18443972.jpg


キノコとクローバーのコラボやん

超かわいいやん

d0234469_18482095.jpg


d0234469_18482351.jpg


宿の風呂やん

最高やん
d0234469_1849116.jpg


五千尺ホテルのケーキやん

ボロボロのカッコやのにお茶させてくれてサンキューやん


ってカンジでひとまずいっこめまだまだ続くでっ!

でったい!

[PR]
by kumaroba | 2014-09-17 18:45 | おでかけ

五山の送り火

五山の送り火を見る会があったの。

基本的に面倒臭がりやで出不精なろばみちゃん。

京都に住まなければ見ることも無かったね

と自信満々に言えちゃうので

今回このような会に参加できて本当によかったわん。

なんだけど。

朝から猛烈な雨が降り続いた京都。

ここ何十年も五山の送り火の日に雨は降ったことがないらしく

テンションさがるわ~

と思っていたらば司会の方が

雨の五山の送り火なんてなかなか見れないのでお楽しみくださいとおっしゃったので

なるほど物は言いようね

と、心の底から感心。


d0234469_213197.jpg


ホテルオークラのディナー

とってもおいしかったけど

哀しいことにまだ胃が本調子じゃなくて

半分くらいしか食べられなかった。

くっすん。


d0234469_2145591.jpg


本当は屋上から見るはずだったんだけど

なにせ雨なんでお部屋の中から。

でも案外キレイに見えたわ。

d0234469_2155349.jpg


ちなみにコレはろばみちゃんのマンションから見えた左大文字

わざわざお外で見る必要あんの?

っていう質問には一切耳をかさなくってよ。

おほほほほ・・・・・。

[PR]
by kumaroba | 2014-08-17 21:10 | おでかけ

バリごはん

d0234469_12472774.jpg


バリはシーフードが豊富で美味しい。

が、海岸沿いに並ぶシーフード専門店はほぼ日本と同じくらいのお値段。

グリルか揚げもの。

で、他はまあ、ナシゴレンミーゴレン(チャーハンと焼きそばな)、サテ(ピーナッツソース味の焼き鳥な)

なんかが有名どころか。

お写真、同じような料理ばっかが並ぶけど、インドネシア料理のレストランで出されるのは

大体どこもこんなカンジなの。

なんでも揚げてあって、甘くて、辛い香辛料の辛さな)

今多くのインドネシア国民を悩ましているのが糖尿病らしいが

ま、なるわな。

あの味付けじゃ。

甘いもん。

マジで。

そんで甘いなあって思ってたら、後から汗が噴き出すくらいに辛い。


ご存知の通り、ろばみちゃんはなんだかんだで弱り気味やった。

で、弱り気味なところに、揚げてあって甘くて辛いご飯を日々食べた。

そしてそれは、四日目の夜に起こったのである。


猛烈な吐き気とともに夜中目覚めたろばみちゃん。

ダッシュでトイレに駆け込んで、を皮切りに、それからまあ吐くは吐くはのオンパレード。

胃の中のモノはとっくに吐ききってるのに、吐き気は一向におさまらず

最後はエクソシストばりの緑の液体が・・・。


エクソシスト液を吐き続け、もうすぐブリッジでベッドの上を走るかも

とぼんやり思いつつ

まあ、ほぼトイレで過ごしたその日の夜。


次の日はこの旅最大のイベントであるラフティングを予約していたが

最早廃人と化したろばみちゃんにはでったい無理。

おいらもキャンセルしようか?とエクソシストろばみ(憑かれてるほうやけどさ)を引き気味で眺める

ご主人さまを気にするな、と送りだし

その後は帰るまで寝たきりで水だけ飲んだ過ごしたろばみちゃん・・・・。


そう。

これが今回のバリ旅行の全貌。

野良犬とバイクに怯え、最後はブリッジで天井を走る・・・

とこまではいかんかったけどな。


帰りの飛行機でご主人様としみじみ語りあった。

今回の旅のテーマ。

それは

日本再発見

もうね。

やっぱ日本最高。

和食最高。

温泉最高。


弱虫毛虫はさんで捨てろ

言いたきゃ言うがいいさ。

弱虫で結構。

毛虫で結構。


しばらくはもう、海外はごちそうさま。

来年は東北で温泉巡りに決定じゃ。

[PR]
by kumaroba | 2014-08-13 12:47 | おでかけ

19年たって変わったこと。

19年

日本でも色んな事が変わったけど、新興国での19年はもっとスゴイ。

まず、びちくりしたのがバイク

も~、すんごいの。

一台に3人4人は当たり前

赤ちゃん抱いたノーヘルのお母ちゃんがリアシートに横座り、とか

ハンドルと運転席の間に挟まるように座ってる子供が走りながら寝てる、とか

普通やし。

休日のマクドナルド前には、一家総出のまさかの5人乗りで登場や。

2車線の道路やったら横に5台や6台並んで走行。

殆ど信号無いから、どっから飛び出てくるかわからへん。

タクシーの運転手のおっちゃんがバリで車の運転すんのは世界一難しいって言ってたけど

激しく同意のろばみちゃん。

歩いてる人は観光客以外皆無で、それはバリの人はめっちゃ近いとこもバイクで行くかららしい。

危険運転半端ないので、年がら年中クラクションが鳴り響き、

一番の繁華街と言われるクタ・レギャンの道は車とバイクで大渋滞。

土産物屋が延々と連なる街並みに観光客(オーストラリア人と中国人)がごったがえし

道路の下にはドブ川が流れ、あっちゃこっちゃににゴミがうず高く。

狂犬病が出たので犬には注意、とガイドさんにゃあ言われたけれど

町中いたるところに野良犬が・・・・。


うるさいのも人ごみも汚いのも大の苦手なろばみちゃん

炎天下、クタの町を歩きながら

頭の中にはが大増殖。

野良犬が近づくたびに心臓がきゅっと縮こまり

心が徐々に病んでいく。

d0234469_2232831.jpg


世界遺産にもなったウブドゥの棚田

19年前、ウブドゥは正真正銘、本当の田舎で芸術家の村やった。

田んぼが広がり、水牛がのんびり歩き、あちらこちらで絵描きさんが絵を描いていた。

おばちゃんが釜戸で料理して、のんびりハローと声をかけてた。


そして今。

写真の棚田に行きつくまでの道は全て土産物屋にとって変わられ

一車線しかない田舎道はお約束通り車と観光バスとバイクで街中以上の大渋滞(バリで一番

込む道らしい)

大渋滞の道をバスで揺られながら、ろばみちゃんのちっこい頭は増々?が増殖し

更に心の病み具合が深くなる。

そして。


ってことで続く、で。

でったい。

[PR]
by kumaroba | 2014-08-11 22:17 | おでかけ

バリ島行ってきましてん。

d0234469_1423582.jpg


これは関空で食べた朝ご飯。

この時は元気やったな。

当たり前やけど。

d0234469_14292840.jpg


d0234469_14292848.jpg


d0234469_1430839.jpg


d0234469_14304993.jpg


d0234469_14312481.jpg


d0234469_14315823.jpg


実はバリは二回目。

前回はなんと19年前

なんでものっそ変わってましたわ

ま、日本も19年経ちゃ色々変わりますわな。


今回は6泊7日の結構な長逗留。

日本人は殆ど3泊らしく、どこに行ってもびちくりされましたな。

ホテルは最高

日本人はほとんどいなくて、ほぼヨーロッパ人。

英語でさえあんまり聞かんかったなあ。

世の中にはこんなに色んな聞いたことない言葉が(ヨーロッパ系の)あるんや、としみじみ思う日々。


お決まりのプールサイドでビール飲んでああこりゃこりゃ。

だけなら幸せやったかも。

て、イキナリなんか不吉な出だし


ま、スタートはこんなもんで。

続くで

でったい。

[PR]
by kumaroba | 2014-08-10 14:32 | おでかけ


カテゴリ
お山
ろば料理
はじめまして。
ろばパン
パン教室
ちりめん山椒
おでかけ
ピアノ生活
文句
保存食
ハーブライフ
お買いもの
ろば的雑感
パン教室写真集
ろば的薬膳
薬膳教室
パン教室ANE
パン おもてなし料理 薬膳料理のお教室
La maison de aneのHPはこちら


*上記の”こちら”をクリックしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧