La Maison de Ane ろばの家


ハーブ、アロマ、おいしい暮らし
by kumaroba

どうもどうも。

明けましておめでとうございます。

って何日やと思てんねん?

とミカンを投げようとするアナタ。

どうかこらえてつかあさい。

なんか枕詞的なもんがないと、こっぱじかしくって始められないわん。

なにせあんまりにも長いことログインしてなかったから

パスワード思い出すのに超苦労やん


まあこうして無事にログインもできたし、これからは

画面に広告貼りつけられんのを目標にがんばるで

広告貼ってあるのみると一挙にテンションさがって

あ~もうええかってなるのはろばみちゃんだけかね?


ブログやってない間ももちろん無事に生きてたで。

当たり前やけどな。

お歳暮は全部プレミアムモルツでありますように

って毎日念力送ってたらほぼほぼ通じたんで

毎日ビール飲んでおいしいもん食べて、最近は甘いものもむしゃつくようになったんで

ただ今第16次成長期に入っとるわけやけど

ケダモノなりの新年の抱負なんかもあったりして

それはありきたりやけど


日々勉強


やな。


って感じでゆる~いスタートや。

もともと張る肩肘も無いねんけど、最近は四十肩で右手が上がらんという哀しみを背負ってるので

ますますもって力抜いてゆるゆるでいくで。

苦手なお写真とも縁切りや

というのはウソやけど

まあそのくらいの気楽さで復活戦第一投。


じゃあまたなっ!!


[PR]
# by kumaroba | 2015-01-11 21:14 | ろば的雑感

偉大なる人

我が教室にはYさんというスター選手がいらっしゃる。

見目麗しい正真正銘のマダムなのだが、

如何せん故郷の星が地球では無いらしく、何かと生きて行くのに不自由を感じてらっしゃるようだ。



”明後日の国”からやって来たYさんには、だから様々な武勇伝がある。


どこからどう見てもその筋の、黒塗りのごっついベンツにプっとクラクションをならし、気がつけば黒づくめのお兄いさん方に囲まれていたり。


生まれて初めてのパラセイリングでブレーキを習う前に見切り発進をし、気づけば巨大タンカーに突っ込みそうになったり。


ガスで充満したオーブンに、なかなか火がつかないわね、と顔を突っ込んだ途端発火し、

まつ毛を毛根から焼き切ってしまったり・・・。



その日、お教室(Yさんがいらっしゃるのと別の日の)にいらした生徒様のお一人は

健康上の理由で免疫力をガンガン上げる必要があった。

免疫をあげるにはお笑いが断然の特効薬である。

ここはひとつ笑のおすそわけを、と

ろばみは、Yさんのエピソードをふたつみっつ皆様の前で披露した。

ほんの入り口のエピソードだったにも関わらず、その場におられた生徒様は皆、体をくの字に曲げて

笑ってらっしゃった。

笑いすぎて、泣いてらっしゃった


その姿を見たろばみのサービス精神に火がつき、ひとつ、もうひとつと、Yさんのエピソードを披露した。

生徒様方の笑は止まらない。

そして最早皆、顔は茹でガニのように真っ赤であり、笑すぎて苦しそうですらある。


Yさんのエピソードには極上のユーモアとペーソスが同居している。

Yさんから様々な話を聞くたび、地雷がいっぱい埋まった地面の上で、踊らなくてもいい踊りを必死で

よかれと思って踊りまくるYさんの姿を想像してしまう。

きっと故郷の星ではそれが正しいのに違いない。


これ以上笑ったら酸欠で死ぬ

というところまで笑い、最後に免疫をあげねばならないという生徒さまはおっしゃった。

お会いしたことは無いけれど、どうかYさんにありがとうとお伝えくださいと。


毎度マグナム級の笑を含んだエピソードを披露してくださるYさん。

皆をさんざ笑かした後で

もう無いよ。コレで終わりよ。

と、手をぶんぶん振り回しながらおっしゃるのだが

毎回新たなエピソードが披露されるので、鈍いろばみにもやっとこさ

もう無いよ

は、次回乞うご期待

の意味なのだと察しがついた。

だってそうとしか考えられない。


Yさん。

御自分のいないところで、こんなにも人様の役にたっていると御存じでしたか?

生きにくいかもしれませんが今しばらく

故郷の星には帰らないで頂きたい。

切に願うろばみである。


[PR]
# by kumaroba | 2014-10-23 19:48 | 薬膳教室

やっぱ信州はりんごや。

蕎麦の悪口の続き。

じゃなくて、信州旅行の続き。

世界一不味い蕎麦食べて終わり、じゃあんまりだもん。


りんご、買いまくってやったわ。

実は去年も来て、大いに買って大いに満足したのが

安藤りんご農園さん。
d0234469_2135447.jpg


d0234469_2136298.jpg


なにせ店(っていうか、まあ小屋?)の後ろはりんご園。

何種類もの木が鈴なりで、より新鮮なのがいい人はハサミ借りて自分で採るの。

よりどりみどりの伊藤みどりってやつね。

で、店のおっちゃん(安藤さんと思われる)がええ人で、試食は思いっきりさせてくれるし

おまけはしまくってくれるし、とにかく感じいいの。

で、まあ一番はなんといっても新鮮でお安いの。



大量試食の末、ろばみちゃんが気に言ったのは秋映って品種。

ご主人様は信濃スイート

りんごって、お名前もイカスわよね。


ってことで、蕎麦以外の信州は楽しかったの。


実は信州の思い出として不味い蕎麦のことしか書かなくって

ろばみちゃん、家族からひどいブーイング受けたの。

くすん。


これで名誉挽回できるかしら?

[PR]
# by kumaroba | 2014-10-21 19:04 | おでかけ

ろば、湯豆腐デビューする。

京都に住んで早一年余。

京と言えば湯豆腐。

湯豆腐と言えば京。

の筈がまだ、湯豆腐を食していなかったろばみちゃん。

だってん。

湯豆腐ってお高くって量がちょっぴし

ってイメージで、高いお金払ってお腹いっぱいにならんかったら暴れちゃうね

っていう雅とは縁遠いケダモノには敷居の高い食べ物だったの。


が。

バリ島で七転八倒の苦しみを味わったろばみちゃん。

エクソシストばりに苦しんだおかげ(?)で、ちょっとした御褒美的なことが。

それは胃袋がちょっぴし縮んで普通の人並みになったこと。

これはチャ~ンス

ってことで湯豆腐デビューに踏み切ったわ。


南禅寺の参道は右も左も湯豆腐のお店だらけ。

そのうちの一軒に適当に飛び込んでみたの。

d0234469_15392031.jpg



いくらちょっぴし胃袋がちっこくなったからって、湯豆腐だけじゃ絶対足りゃしないわ

とドキドキしてたんだけど

湯豆腐以外にも天麩羅とか胡麻豆腐とか生湯葉とか、美味しそうなものがいっぱいついてて

ろばみちゃんほっと一安心。

さすがに雅の都。

見た目も美しくってお味も上出来ね。

d0234469_15393777.jpg


そしていよいよ主役の湯豆腐に箸が伸びるわよ。

生姜、おネギ、海苔などの薬味をたっぷりかけて、いざ頂きまっす。


さすが京の湯豆腐!

と、ご主人さまもろばみちゃんも唸ったわ。

お豆腐、すっごく美味しいじゃない。

お豆のお味がするじゃない?


だけど

と、そこで慎重なご主人様はおしゃった。

本当にすっごく美味しいのかな?

と。

京都の湯豆腐だから、とか、
結構なお代を払ってるから
そういう邪念やら先入観にとらわれてはいないだろうか?

と。


あり得るわね。

と、ろばみちゃんは思ったわ。

なにせ二人ともまあまあのケチンボだし、お品書のお代を見た時には

心の中でちょっとだけ舌打ちしちゃったしさ。


だもんで、もう一度無私の心で湯豆腐に向かい合ったわ。

一口。

もう一口。


どうかな?

と問いかけるご主人様に

美味しいけど

と、ろばみは答えたわ。

確かに美味しいけど。

これがすっごくおいしくってさすが京の湯豆腐よね

くらいにおいしいのか

まあまあ普通の湯豆腐なんだけどやっぱり雰囲気やらお高いからやら何やらで美味しく感じるのかは

最早ろばみちゃんには分かんない

って。

う~む、と深く頷いたご主人様。

確かに

と。


ま、お店のお庭はキレイだし、なにせ京都の湯豆腐だし。

きっとすっごくおいしいのよ。

そうよ、そうに決まってるわ。

ってことで話をしめたご主人様とろばみちゃん。


湯豆腐デビューはこんな感じで幕を閉じたの。

で、今日、学んだことがひとっつ。

お食事はごちゃごちゃ考えないで楽しめ

ホント、これ大切ね。

ケチンボって、ついつい色んなこと考えちゃって。


宝くじで一億ほど当たったら、色んなことがもっと素直に感じられのかしらん?

お金じゃないって?

そりゃそうよね。

きっと根性の問題よね。

分かってんのよね。

ウスウスだけどさ。


[PR]
# by kumaroba | 2014-10-19 16:18 | おでかけ

感謝。

d0234469_17105157.jpg


京都教室の生徒様から連名でお花が届きました。

今日誕生日やっけ?

と、とぼけたケダモノですが

カードを見てびっくり。

d0234469_17115120.jpg


泣いたね。


ろばみの教室に来て頂いてる全ての生徒様。

いっぱいあるお料理教室の中でろばみんところを選んでくださり

お忙しい中時間を工面して来て下さっていること、心から感謝します。


毎回、私は本当に楽しく皆様と時間を過ごさせて頂いています。

なにせロバですので至らぬところは多々あるでしょうが

ロバなりに全力投球し、今後ますます皆様に笑って頂けるようがんばります。

お花を下さった皆様、次回は頭痛くなるくらい笑わせますで。

乞うご期待や!!!!!

[PR]
# by kumaroba | 2014-10-16 17:18 | 薬膳教室


カテゴリ
お山
ろば料理
はじめまして。
ろばパン
パン教室
ちりめん山椒
おでかけ
ピアノ生活
文句
保存食
ハーブライフ
お買いもの
ろば的雑感
パン教室写真集
ろば的薬膳
薬膳教室
パン教室ANE
パン おもてなし料理 薬膳料理のお教室
La maison de aneのHPはこちら


*上記の”こちら”をクリックしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧