La Maison de Ane ろばの家


ハーブ、アロマ、おいしい暮らし
by kumaroba

屋久島といふところ ホテル編パート2

ろばみの好きな雑誌に”和楽”というのがございまして、

いつぞやの号の”兼高かおるさんに学ぶ旅”っていう特集に屋久島が載ってございました。

で、おすすめの宿というのがこの”いわさきホテル”。

皆様御存じかしら。

兼高かおる世界の旅。

ろばみ、子供心に非常に憧れた番組でございまして。

当時はまだ1ドル=360円の時代。

そんな中、世界中の民族衣装を着こなして臆することなく闊歩される、兼高かおるさんがどんなに格好よかったことか・・・。

で、少々ミーハー気味のろばみ、JRホテルを最初から熱く推すご主人様に、断固”ここがいい”と食い下がったのでございますよ。ええ。

d0234469_1023982.jpg
d0234469_103961.jpg
d0234469_1032979.jpg


まず、エントランスにはど~んとでっかい屋久杉のオブジェ。

こじんまりしたJRホテルとはちがい、かなり大きなリゾートホテルでございます。

で、大きいので団体様の観光バスもいっぱいです。

夫婦二人が多かったJRホテルに比べ、ファミリー層がやはり主。


で、このホテル、老舗のリゾートホテルではあるのですが、老舗だけあって”昔ながらの”ってとこも多々あるわけでございます。

まず設備。

ゲームセンターとか、マージャンルームとか、カラオケルームとか、ビリヤード台とか。

ほらほら。

かすかに匂って参りませんか?

バブルの頃のホテルの名残が・・・・。

そういうのはJRさんいはいっさいござませんでしたな。

で、室内プールがあるんざますが。

これね、室内っていうのはある意味正解なんざます。

何故なら、ここ屋久島は”月に35日雨が降る”と言われるくらい雨が多いとこなんで、

屋外プールなんか作ってもあんまし活用できないんす(ここ、後のサンカラリゾート考察で重要に)。

でもねえ、はっきり言ってそのへんのスポーツクラブにちょいと毛を生やしたくらいのプールに、

宿泊客も1050円はらわなあかんというちょっとしたセコさが気になるザます・・・。


で、お部屋。

どど~んと広いんでございますが

テレビが今時まさかの”ぶあっついやつ”。

いえね。いいんざますけど。見れればね。

でも、お高いお値段の割にはってことで・・・。


そんでもってお風呂はまあ広くて巨大な庭園が見渡せてロケーションは抜群ざますけど、泉質ははっきりいって

JRの比じゃございません。


あらあら。

何だかあんまりいいこと書いてないざますが、気をとりなおしてお夕食。


ろばみ、ここでこのホテルを見限りましたのよ。

まあまあ全体的なお味がそこそこなのはいいとして、

メインのローストビーフはまるで脂がのってねえし、おソースのホースラディッシュ、昨日すったんか?と詰め寄りたくなるカスカスさ。

で、付け合わせの人参。

丸くてフォークの型がついていて

”まさか、グリーンジャイアント?”と一瞬頭をよぎりはいたしましたが、まさかこんなとこでグリーンジャイアントの冷凍人参がでてくるなんて信じられん話だわ、

と気をとりなおして口にいれたらオオマイガッ。

グリーンジャイアントでしたわ。ええ。

ちなみに朝食の御みそ汁もコーヒーも”炊きこんだ?”的なお味が・・・。


まあ、そんなこんなのいわさきホテル。

写真が少ないのはやる気のなさのせいなのか。


まだある。

天気悪いし(台風だったんですの。おほほほ)暇やからエステでも、と思って見たらエステがねえ。

うそぴょん、こんなに大きなリゾートホテルなのに?

おおう、電話で呼ぶ昔ながらのマッサージしかねえ・・・・


ごめんあそばせ。

ついつい本音が・・・。


最後に言いたいのでございます。

和楽様。

本当に泊ってちゃんと取材なさったんでございましょうか?

八つ当たりってわかってはおりますが、

しばらく購入、控えさせていただきたく存じまする・・・・・


さ~、明日からはアクティビティ編!!

いやっほいの自然が満載ですわよ!

台風が来るまでは!!!
[PR]
by kumaroba | 2011-08-10 10:13 | おでかけ
<< 屋久島 ようやくアクティビティ編! 屋久島といふところ ホテル編 >>


カテゴリ
パン教室ANE
パン おもてなし料理 薬膳料理のお教室
La maison de aneのHPはこちら


*上記の”こちら”をクリックしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧