人気ブログランキング |

La Maison de Ane ろばの家


ハーブ、アロマ、おいしい暮らし
by kumaroba

屋久島といふところ おまけ。そして今日で終わり(笑)

d0234469_1419334.jpg
d0234469_14193313.jpg
d0234469_14195684.jpg
d0234469_14201385.jpg


えっとお。

ああ、そおそお。

観光編ね。

上から

・がじゅまる園のがじゅまる
・滝3連発(名前失念)
滝ね。いっぱいあって、そりゃあもう見れば立派ですがね。

でも滝なんで。

見たら終わりなんで。

どんなやっつけ仕事やねん。て自分でも思うので卵は投げないでっ。

こういうの見るのも一苦労なんすよ。

ぐちゃぐちゃの道とか歩くし。

サンダルぼろぼろやし(自分が悪いのに根に持っているという・・・・・)


d0234469_14261132.jpg
d0234469_14263163.jpg


そんでまあ、これが最後に見学に行ったサンカラリゾートのプールね。

サンカラリゾート。

ものっそお高いのに(一人一泊サイテーで35,000円ね)温泉ちゃうっていう理由で却下した一番新しいリゾートホテルね。

全室ヴィラで21室。15歳以下お断り。
敷地内の移動は従業員の運転するカートが基本。
ろばみ、東南アジアのリゾート行きまくったんで思うんざますけど、

日本でこういうタイプのホテルって、難しいと思うんでございます。


まず、東南アジアのリゾートホテルって、とにかく敷地がでっかくてホテル自身もでっかくて、色んな設備がそろってて(数々のレストラン、エステはもちろんのこと美容院やブティック等)

極端に言えばホテルから一歩も出なくても十分そこで楽しめるっていう作りなんざます。

それはヨーロッパからのお客さまは月単位での逗留が多く、もうそこで”暮らす”っていう感覚だからなんでございますよ。

プールだっていっぱいあるし、プールバーもいっぱいあって、旗をふったらボーイがメニューもってきてくれるっていう天国的状況。
で、こういっちゃなんですけど、旅行代金は今回の屋久島よりお安いくらいやっちゅう・・・・。
それもこれも、やっぱり人件費が安いからできることって大きいと思うんザます。

サンカラリゾート、ここもでっかい敷地にヴィラが点在してて、って作りざますけど

その作りで万全のサービスするにはどう考えても従業員少ないし、

お庭もでっかいけど手入れが十分じゃないからちょっと荒れてる感もあるし(東南アジアとかやと、庭師だけでもいっぱいいて、完璧に整備されてる)

プールもちっこいし、

24時間泳げるっていうけど、屋久島は月に35日雨が降るザます・・・・。

そんでまあ、旗振ってメニュー持ってくるボーイさんは絶対いてませんわな。


”ここ、温泉じゃないんですよね?”と尋ねるご主人様に

”ただ今掘っております”と、遠大な計画をにこやかにお答えになったフロントのお姉さん。

まだ全室埋まったこと無いっておしゃってましたが。

そりゃそうじゃろ、と思ってしまうろば一匹。


晴れてたら屋久杉見に行かなあかん(それが主なんでね)屋久島で、あんなちっこいプールあってもなんだかなって思うし、

雨降ったら終わりやし、

温泉ちゃうし。

ど~考えても”お高すぎ”でっしゃろ。
”るるぶ”とかはここ一押しで載せてたんですが、こうなると旅行雑誌もどういう立場なんだかって思うんでございますよ


ま。

遠くの空より、このホテルの今後を興味深く眺めてみようかな、と。

泊ることは永遠にないけどさ。あははは・・・・・・。


長らくお付き合いありがとうございやしたっ!

屋久島編、これにて一件落着(桜吹雪・・・・・)

by kumaroba | 2011-08-12 14:20 | おでかけ
<< ご主人様、可憐なお花をいっぱい撮る。 屋久島 ようやくアクティビティ編! >>


カテゴリ
パン教室ANE
パン おもてなし料理 薬膳料理のお教室
La maison de aneのHPはこちら


*上記の”こちら”をクリックしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧