La Maison de Ane ろばの家


ハーブ、アロマ、おいしい暮らし
by kumaroba

ろば、冬の阿蘇にて”だご汁と高菜飯”を喰らふ。

d0234469_1137370.jpg


d0234469_11372754.jpg


d0234469_11382687.jpg


さて、熊本(だけじゃなくて九州全般ね)の郷土料理と言えばだご汁(最初のお写真の左)。

そして高菜飯(3枚目のお写真のチャーハンみたなの)。

熊本に来て早10ヶ月。

未だ”だご汁”にチャンレンジしていなかったろばみ、昨日とうとう冬の阿蘇にて未知との遭遇


だご

それは小麦粉でできただんごのようでもっと平べったいというか、ものっそへたっぴのうどん職人が太すぎるキシメンを途中でちぎったような、そのようなもの。
ざます。

で、それをお野菜と一緒にお汁(味噌仕立てとか、おすましとか色々あるらしい)でぐつぐつ煮込んだ食べ物。


一見普通のお味噌汁と変わらんカンジなんざますが、何しろ”だご”が入ってる。

油断して”お汁”と思って食べると、食べ終わった頃には結構お腹いっぱいに


で、このだご

"おいしい?”と尋ねられて”うん、すっごい”と、即答できるかと言えばそれはちょびっとムズカシク、

見かけは”平たいおもち”、だけど正体は”小麦のだんご”な訳で、

噛むとまだほんのり中が”粉粉しい”というか、餅やらうどんにある独特の粘着力とかコシがないというか、

まあ、平たく言うと”あんまり”かも・・・・・・(だご汁お好きな方、本当にスミマセン)。


で、昨日はなにせ”だご”がいかほどのものか想像がつかず、メニューの一番上に合った”高菜飯定食”っていうのを注文したわけざますが、

”高菜飯”とは、その名の通り、油で炒めた高菜をご飯にまぜこんだもの

何故かどこのお店に行っても↑のように、ボリューム満点のチャーハン形式で供され、それだけで間違い無くお腹いっぱいになるシロモノなのでございます。

”だご汁”と高菜飯、そんでホルモンの味噌煮込み(2枚目のお写真。これもこっちでよく見るお料理)に小鉢。


万年胃拡張のケダモノでも、さすがにこれは食べきれませんでしたな

残った高菜飯はご主人様に助けていただきましたわ。

で、デザートはこちら。

d0234469_1159694.jpg


ダイナミックにミカン一個。
いやあ。

熊本の食べ物って、何食べても本当においしいんざますけど。

ろばみ、こちらでお初の”?”に出会ったかも。

ま、これも経験ざますわね。

って、”だご汁”好きの皆様がた、重ねて申し上げますが本当にすみませぬ!!!!


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ポチっとして頂ければコレ幸い・・・・。
[PR]
by kumaroba | 2012-01-10 11:38 | おでかけ
<< 冬の阿蘇。 ろば、霧島酒造で喰らふ。 >>


カテゴリ
パン教室ANE
パン おもてなし料理 薬膳料理のお教室
La maison de aneのHPはこちら


*上記の”こちら”をクリックしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧