La Maison de Ane ろばの家


ハーブ、アロマ、おいしい暮らし
by kumaroba

カテゴリ:ろば的雑感( 39 )

まあ、なんでもいいから

ご無沙汰の極み。

周りの人々から、一文でもいいから書いてみなはれ

と言われ続けて数か月・・・。

一文書くのはやぶさかでなかったけれど、ログインの仕方を忘れちゃったりして。

えへ。

でもなんとか侵入(?)できたので、書いてみます。


ザハ氏がジャバ・ザ・ハットに見える。


年がバレますな。


細~く続けていこうと決意したので、最初はこんなもんで。

これからはこんな感じの駄文オンリーのブログになる予定。

あ、もういっこ。


新相棒の反町君。

楽しみすぎる。


もちろん、水谷さんは変わらずちゅき。

[PR]
by kumaroba | 2015-09-09 07:05 | ろば的雑感

代替わり。

香住でカニ、帰りに出石で皿そばを食らう。

年に一度のこのグルメツアーを多分十数年続けている。

家族全員オーソドックスな性格なので、カニのお宿も出石の蕎麦屋もずっと同じ店。


ろばみ達の通う蕎麦屋は有名どころで、いつ行ってもお店の外に長い行列

今年はずいぶん早く到着したもんねと息巻いて訪れても、やはりそこには相変わらずの長蛇の列で

蕎麦にありつくまでには少なくとも30分は外でのお待ちを経験せねばならない。


皿そばで有名な出石にはもちろん何軒もの皿蕎麦屋が軒を連ねている。

ろばのくせにせっかちなろばみちゃんは、この毎年恒例のお待ちを続けながら

別にほかの店でも同じようなもんじゃないのかな?

だって蕎麦やし

と、疑心暗鬼に苛まれていた。


ある年のこと。

たまたま訪れた日に件の蕎麦屋が休業していた。

これは長年心に渦巻いていたモヤモヤ解消のよい機会、とばかりに空いてるその辺のお店に入って皿そばを食らったろばみご一行。

食べ終わって店を出た途端、全員が言ったこと。

やっぱり並んででもたべるのにゃあ理由があるんだね



以来浮気心なしで大人しく行列に並んで蕎麦をすすり続けていた。

が、去年のこと。

今年もお待ちね、と覚悟を決めて蕎麦屋に出陣すると、心なしか並んでる人の数が少ない

あらラッキーだったわね、と店に通されいつも通りに蕎麦をすする。

すする

すする


あれ??



店に出た途端、家族全員

なんか、違う??


代替わりした

と風のうわさ(というかろば・パパリーヌが土産物屋のおっちゃんから聞き出したのだが)で聞き、

う~む、そうであったか。

と唸るろばみご一行。


お汁の味が違うのだ。

ちょっぴり、じゃなく

かなり大胆に。

なにせ家族全員がわかっちゃったくらいだから。


美味い不味いの感覚は人それぞれ。

だから代が変わってお味が変わったことが悪い、とは思わない。

いつまでも同じおやっさんで続けられないのは人間なんだから当たり前だし。


が、しかし。

毎年同じお味への期待に胸ふくらませて出陣したろばみご一行は

その味の変化はさみしくもあり、残念でもあり、そして甚だ勝手な言い分と承知してはいるが

ちょっとした裏切り行為
のような、そんな感情さえ湧いたのだった。


今年。

出石には変わらず出陣したものの、お店を変えた我々

店先には、以前件の店で毎年目撃していた長い行列が。


蕎麦をすすりながら、美味いね、これからはココだね

と感想を述べ合うご一行。


お客の舌とはなかなかにシビアで、そして正直なもんだな

蕎麦湯をすすりつつ、しみじみ思うろば一匹であった。




[PR]
by kumaroba | 2015-03-08 17:57 | ろば的雑感

まっずいわ~。

何がって、自分で作ったおからクッキー

ここ3か月ほど順調に成長しててさ。

もうこれ以上の成長はご無用やから作ってみてん。

腹減り予防に。

で、ろばみちゃん基本的に超めんどくさがりで、クッキーとか作らんろばなんやけど

そん時は発作的に思い立って作ったわけ。

たまたま冷蔵庫におからがあったから。

実はろばみちゃん、おからクッキーって食べたことも無いし、どんなもんかもよくわかんない

やけど、おからあるしヘルシーそうやし、なんか適当に混ぜて焼いたらええのんちゃうの?

と超短絡的に考えて、本当にその通りにした。

PC開けてレシピとか検索すんのめんどっちいから、おからに適当に粉と砂糖とまぜてオーブンに

放り込んだのよね。

はかりとか一切使わず。


もうさ。

世の中にこんな不味いもんあるんか?っていう代物ができてもうたわ。

我ながらびっくり。

もっさもさで味ないねん。

一週間雪山で遭難後、やったらなんとか食べれるかもしれんけど

普通におなか減ったくらいじゃまあ無理。


めっちゃめちゃ不味いけど、捨てるのは気が引けるからとりあえずタッパーにいれて

冷蔵庫に放り込んだ。

酔っぱらって前後不覚になったご主人様が事故的に食べてくれたらな

と、ちょびっとたくらむケダモノ一匹。

[PR]
by kumaroba | 2015-03-06 21:19 | ろば的雑感

どうもどうも。

明けましておめでとうございます。

って何日やと思てんねん?

とミカンを投げようとするアナタ。

どうかこらえてつかあさい。

なんか枕詞的なもんがないと、こっぱじかしくって始められないわん。

なにせあんまりにも長いことログインしてなかったから

パスワード思い出すのに超苦労やん


まあこうして無事にログインもできたし、これからは

画面に広告貼りつけられんのを目標にがんばるで

広告貼ってあるのみると一挙にテンションさがって

あ~もうええかってなるのはろばみちゃんだけかね?


ブログやってない間ももちろん無事に生きてたで。

当たり前やけどな。

お歳暮は全部プレミアムモルツでありますように

って毎日念力送ってたらほぼほぼ通じたんで

毎日ビール飲んでおいしいもん食べて、最近は甘いものもむしゃつくようになったんで

ただ今第16次成長期に入っとるわけやけど

ケダモノなりの新年の抱負なんかもあったりして

それはありきたりやけど


日々勉強


やな。


って感じでゆる~いスタートや。

もともと張る肩肘も無いねんけど、最近は四十肩で右手が上がらんという哀しみを背負ってるので

ますますもって力抜いてゆるゆるでいくで。

苦手なお写真とも縁切りや

というのはウソやけど

まあそのくらいの気楽さで復活戦第一投。


じゃあまたなっ!!


[PR]
by kumaroba | 2015-01-11 21:14 | ろば的雑感

困ってるねん・・・。

おっちゃんの京都の家はマンションの11階や。

で、いっこ上が最上階の12階。

上の部屋に住んでるのは、若いご夫婦と幼稚園くらいの男の子。


マンションなんで生活音がある程度出るのはお互いさま。

ちっこい男の子がいるのだから、少々走りまわってはっても

ま、しゃあないか

と普段はそう思てるねん。


が。

最近毎夜9時ごろになると、上の階から激しく規則的なジャンプ音が聞こえてくる。

縄跳びの練習をしてるねん

朝エレベーターで会った時、

昨日もいっぱい跳んだね~

そうだね~


という和やかな母子の会話で発覚したんや。


縄跳び。

なんぼちっこい男の子でも、夜の9時からの縄跳びは正直キツイ

しかも毎晩

真面目な子なんやろな。

そんでもって親御さんも最上階に住んではるから、下に音が筒抜けってことに

おそらく気付いてはらへん。


管理人さんに言おか?

とご主人さま。

が、縄跳びやめてってことになったらウチが言うてるってモロばれやん?

とおっちゃん。


ただ今悩み中。

どうしたもんかいな~。

[PR]
by kumaroba | 2014-07-12 09:12 | ろば的雑感

これ、すげえ。

何がすげえのかって、コレ

d0234469_1339187.jpg


それは一週間ばかし前のこと。

夜中に顔から血を流して帰って来たご主人さま

酔っ払って自転車でこけたとのこと(立派な犯罪よ!)

寝ているところを起こされて機嫌の悪いろばみちゃんは

”あの~、治療をお願いします”

と小さな声で懇願するご主人さまに

”コレでも貼っとけいっ”

と、絆創膏を2枚渡してさっさと寝てしまいましたとさ。


で。

貼ること一週間ばかし。

頬の擦過傷が、後も残さずキレ~に治ってるっ!!

スゴイっ。

今時の絆創膏!


大の大人がほっぺにでっかい絆創膏を貼っているので、日々職場で笑い物に

なっていたというご主人さま。

が、笑い物がなんじゃい

すったこすった切った、でお困りのアナタ。

ろばみちゃん、心からこの絆創膏オススメ。

本当に信じられんくらい早くキレイに治りますで!

[PR]
by kumaroba | 2014-06-26 13:50 | ろば的雑感

王立警察ニコラ・ル・フロック

御存じの方、いるかしらん?

ミステリー・チャンネルで3月にオンエアされたおフランスもの

王立警察ニコラ・ル・フロック

革命前夜のパリが舞台のミステリーで、主人公ニコラを初めて見たろばみちゃんは

え?

と思った。

ヒゲ、濃いし。

でこっぱちやし。

ちょびっと受け口?やし。



が。

時代モノ 軍服 ブーツ お馬さん

というろばみちゃんの攻略ポイントをどつかれまくり、

見終わる頃にはヒゲ濃い目でこっぱちそしてちょびっと受け口、のはずの
ニコラの虜
となっていた!


主役のニコラを演じる俳優さんは1972年生まれのおっちゃん。

が、ニコラの設定は

若く美しく血気盛んな侯爵


で、劇中のセリフにも

美しい侯爵だわ
とか

若く美しい銃士隊
とか

そういうのがいっぱいでてきて、そんなのをずっと聞いてると

ヒゲ濃い目でこっぱちそしてちょびっと受け口

のはずの主人公が超カッコよく見えてくるのだ。

不思議なことに。


ま、お馬さんの乗りこなし方とか佇まいとか、ろばみちゃんの大好きな軍服の着こなしとか

さっすがおフランスの俳優さんだけあって素敵なの。

スタイルよくてセクシーだしね。

お話いっこにつき必ず、ちょっとしたラブシーンとか入浴シーンとかのサービスショット(なのか?)

が盛り込まれてて、そのあたりもさすがおフランスね、と唸らせられる。

若くてピチピチしてりゃいいってもんじゃないわね。


てことで5月の末にもオンエアしてくれるみたいなんで、ご興味のある方一度お試しあれ。

はまること請け合いですで


にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村
[PR]
by kumaroba | 2014-04-02 19:11 | ろば的雑感

三白眼のクマの目にも涙。

ソチが始まる前、天皇家の親戚やっていうのが売りの馬似の男が

やれ国費で行かせたってるの、日本人としての品位がどうの、とうっとおしいことをほざき

ろばみちゃんの心は怒髪天やった。


見事すっころんだ発言のおじいちゃんに対して、ろばみちゃんは呪いをかけると心の中で誓った


おしんこ色の衣装を着たキム・ヨナが、おしんこ色にもかかわらずスンバラシイ演技でショート一位になった時

狭量の申し子ろばみちゃんは心の中で100回舌打ちをした


が。

真央ちゃんのフリーの演技を見て、何もかもが吹っ飛んだ

コレがオリンピック選手で

コレがオリンピックの真髄なんや。

あの日何度も流れる演技を見るたびに、ろばみちゃんは何度も泣いた


のしかかる重圧も長年のライバルもいらんこと言いのおじいちゃんも知ったような口を叩く馬面の男も

真央ちゃんのあの演技の前では本当にちっさなことで

外野が適当なことを山もり呟いても

ただ自分の演技一つで、まだたった23歳の女の子が見る人全てを感動の渦に巻き込んでしまった

真央ちゃんの演技を見て、キム・ヨナも込み上げるものがあったとインタビューで語ってた。

切っても切れぬ縁で闘い続けた二人は間違いなく共に天才。

お互いの国の人たちは自国の選手を愛するが故に

打倒キム・ヨナ

打倒真央

と騒いできたけど、当の本人たちはそんなところをはるかに超えて

深い深いところでお互いを最も分かりあって来たような気がする。


今度のオリンピックでは、お金のかかるウィンタースポーツを続けること自体

どれほどの苦労を伴うことかが初めてクローズアップされた。

それもこれも、ヘルメットをかぶって現場でバイトしながら、

海外合宿中宿賃を浮かすために友人宅を転々としながら、

どんな困難にもへこたれずあきらめず、ソチの地を踏み活躍した選手達がいたから。


スケートを通して成長できた、という真央ちゃん。

あなたの1000分の1くらいやけど

あなたのおかげでろばみちゃんも成長したような気がするよ。

あの4分は、何万人もの人たちにとってそれぞれかけがえのない4分で、

あなたは本当に本当にスゴイことをしたのです。

ありがとう×10,000回

そんな気持ちになったオリンピックやったで。

[PR]
by kumaroba | 2014-02-24 14:07 | ろば的雑感

見かけ重視で何が悪い。

開き直ってやったわい。

そうや。

おっちゃんは激しく見かけで差別するで。

だって、フィギュアやもん。

オリンピックやもん。

王子の祭典やもん。

しゃあからなんぼあの中国の子ががんばっても、おっちゃんの心は動かへん。

王子のためのフィギュアに、板前みたいな頭の子はいりません

そらな、生まれつき持って生まれたもんがあるわいな。

誰もがハニーみたく男版バービーみたいには生まれてけえへんわ。

おっちゃんはそこ言うてんのと違うねん。

フィギュアってもんを理解せえって言いたいんや。

他のどんな競技があんなキラキラスパンコール満載のシースルーのフリフリのピッチピチの衣装着るねん?

髪の毛板前でどないしてあの衣装着こなすねん?

まず自覚や。

王子としてのな。

しゃあからおっちゃんはなんぼ皇帝でもプルシェンコはイヤやった。

あんなインコみたいな頭で皇帝って言われても、おっちゃんは認めることができんかった。

で、今年見たらやっとまあまあ見れる頭になってやれやれって思ってたら

腰痛で棄権。

ヘアスタイル変えんのが遅すぎたっちゅう話や。


パトリック・チャン

素晴らしいスケーターや。

おっちゃんもそこは認める。

でもな、なんや好きになられへん。

チャンはチャンなりにがんばってるから王子の自覚云々を言う気は無い。

これはあくまでおっちゃんの好みの問題。

顔がでっかいねん。

胴が太いねん。

だからどんな衣装きてもちょっとマグロチックやし、素晴らしいジャンプも

よっこらしょいっ

に見えんねん。

23歳に見えへんねん。

35歳くらいにみえるねん


フリーの曲、ビバルディの四季やったけど

かつて色男ナンバーワンやったランビエールが豹柄の衣装で演技して世界選手権王者になった曲やから

どうしても比べてしまうねん・・・・。


チャン、ごめん。

けど、これがおっちゃんや。

おっちゃんのフィギュア道や。

フリーの衣装、なんか木綿みたいな生地で刺繍の施された肌着みたいやった。

ってまだ言うかっちゅう話なんやけど

やっぱハニーや高橋王子と較べるとその辺如何ともしがたいんや・・・。


ふう。

チャンのファンの皆様に平伏叩頭。

卵はやめてね~。


*お願い

HPから御教室にお問い合わせ下さったO様!

PCからも携帯からもメールが送れません!

申し訳ありませんが、イマ一度、お問い合わせのメールに電話番号を書いて

送付してくださいませ。

こちらからお電話いたしますです!











[PR]
by kumaroba | 2014-02-16 17:25 | ろば的雑感

おっちゃんのオリンピック。

今朝で9割7分終了。

ハニー

王子になるべくして生まれ、そして本物の王子に成長し

とうとう王子から皇帝に。

フリーのロミオとジュリエット。

あの曲があんなにも似合う王子はそんじょそこらにはおらんでっ。

最近どんより気味やったおっちゃん、いっぺんに元気でたがな。

くまのプーさんが大好きなハニー。

かいらしい子はどこまでもかいらしい。


が。

おっちゃん実は一番感動したのはやっぱ高橋王子やったんや。

ケガのせいでそらジャンプは生彩欠いてたで。

けど、あの優雅で正確なスケーティング、全身からにじみ出る大人の色気、

指先にまで魂のこもった演技力。

どれをとっても他の追随を許さん滑りやったな。

メダルはなかったけど、おっちゃんは笑顔で滑る王子の演技見て泣いたね


町田王子の最後まであきらめへんド根性の滑りにも感動。

腕をぴろぴろと震わせる火の鳥の演技。

あっこでいっつもちょびっと笑ってまうねんけど、今回も笑ってしもたけど

基本フィギュアっぽい雰囲気の子とちゃうけど

王子と言うには泥くさいねんけど

それでもやっぱり本物には感動するね。


とにもかくにも、3人の王子に

感謝

合掌


表彰台に上ったのが3人ともアジア系で、フィギュアの世界も本当に変わったなあ

と感慨深い。

ジェネティックな短足胴長顔デカのハンデをぶっとばし

最早ハニーはアンドロイドの域

お顔の大きさなんか隣のパトリック・チャンの半分ですわ。

半分。

色んな意味でスゴイ王子や・・・。


さ~後は女子を待つのみやで。

うん。


*お願い

HPから御教室にお問い合わせ下さったO様!

PCからも携帯からもメールが送れません!

申し訳ありませんが、イマ一度、お問い合わせのメールに電話番号を書いて

送付してくださいませ。

こちらからお電話いたしますです!


[PR]
by kumaroba | 2014-02-15 17:25 | ろば的雑感


カテゴリ
パン教室ANE
パン おもてなし料理 薬膳料理のお教室
La maison de aneのHPはこちら


*上記の”こちら”をクリックしてください
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧